ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーで糖尿病予防

糖尿病は現代人に多い生活習慣病のひとつで、炭水化物の代謝異常によって発症する病気です。
食物として取り入れられた栄養素が体の中でうまく利用されないために、血液中に含まれるブドウ糖の量(血糖値)が異常に多くなってしまう状態です。
これは血液中に入った大量のブドウ糖が、エネルギー源として多く取り入れるはずの筋肉や脂肪細胞にうまく取り入れられないことが原因です。
利用できずに余ったブドウ糖は尿から流れ出るようになるため、この病名がつけられました。
通常、ブドウ糖を血液中に一定に保つために、必要なだけ筋肉や脂肪細胞に取り入れるようにコントロールしているのが、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンです。
そのインスリンがすい臓から分泌されなかったり、そのインスリンの量が不足していたりする場合、あるいは逆に必要以上に分泌されているにもかかわらず十分に作用しない、などさまざまな原因で慢性的に血糖値が高くなるのが糖尿病です。
この糖尿病を改善するのにローヤルゼリーが有効に働くと言われています。
ローヤルゼリーには高血圧などの生活習慣病を予防する働きがありますが、糖尿病にも有効な効果を発揮すると考えられています。
ローヤルゼリーにはインスリンの生成に関与しているビタミンB群を豊富に含んでおり、内分泌を促して血統の上昇を防ぐ効果があるといわれています。
また、ローヤルゼリーには疲労回復に効果を発揮するアミノ酸やタンパク質が大変豊富に、バランスよく含まれており、糖尿病による倦怠感や疲労感などを回復する効果があります。
ローヤルゼリーによる糖尿病予防効果は、臨床実験でも認められたものです。
ラットに果糖飲料水を与えるという臨床実験を実施したところ、果糖飲料水と一緒にローヤルゼリーを与えたラットは、インスリン抵抗性(インスリンが作用しにくくなる状態)の進行が抑えられていることがわかりました。
この研究結果により、ローヤルゼリーに糖尿病予備軍の初期症状を予防する効果があるということが明らかになりました。
食生活を改善し、生活習慣を整えながら、そこにローヤルゼリーを取り入れることで、日常的に糖尿病予防ができると考えられます。

Copyright(C) 2011 ろーやるぜりー.com All Rights Reserved.