ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーで更年期障害改善

更年期障害とは、卵巣機能の低下により、女性ホルモンのエストロゲンが欠乏し、それによってひきおこされるさまざまな不調のことを指します。
女性が50歳前後の閉経時期をはさんだ約10年ほどの間に発症することが多く、日本では現在約2000万人の女性が更年期障害の悩みを抱えていると言われています。
更年期障害の症状はさまざまありますが、主なものは動悸、めまい、ほてり、のぼせ、不眠、疲労感などの体調の変化とともに、情緒不安定、不安感、イライラ、抑うつなどの精神的な症状が現れることが特徴です。
症状の重さは人によって違いますが、更年期世代の8割の女性が何らかの更年期障害を感じており、さらにその4割はかなり重い症状であると報告されています。
この更年期障害に対して、ローヤルゼリーが有効に働きかけると言われています。
さまざまな有効成分を含んでいるローヤルゼリーですが、その中でもローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸が更年期障害を改善する効果があると考えられています。
デセン酸は女性ホルモンのエストロゲンと同じような作用をすることがわかっており、乱れた自律神経を正常に整えたり、ホルモンバランスの崩れによる更年期障害を防いだりする効果があります。
実際に更年期障害に悩んでいる女性がローヤルゼリーを飲み続けていると、症状が改善されたという声も数多く報告されており、その有効性が確かめられています。
デセン酸はすべてのローヤルゼリーに含まれていますが、品質の高いものほど含有率が高く、ローヤルゼリーの質の基準にもなっています。
また、ローヤルゼリーに含まれる特徴的な成分のひとつであるアセチルコリンも、更年期障害の改善に効果を発揮すると言われています。
アセチルコリンは神経伝達物質のひとつで、自律神経のバランスを整え、更年期障害の症状を緩和する作用があります。
このように、デセン酸、アセチルコリンと有効な成分を含有しているローヤルゼリーは更年期障害の改善に最適な健康食品であると言えます。

Copyright(C) 2011 ろーやるぜりー.com All Rights Reserved.