ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーの抗酸化作用

ローヤルゼリーには強い抗酸化作用もあると言われています。
抗酸化作用とは、人間の体に悪影響を与える活性酸素を除去したり抑制したりする働きのことです。
活性酸素は、私たちが酸素を使って食べ物をエネルギー源に変えるときに発生するもので、エネルギーの副産物ともいえるものです。
活性酸素は本来は人間にとって有効に働く物質です。
外部から体の中に最近やウイルスが侵入してくると、白血球が活性酸素を生成して死滅させてしまうのです。
つまり、活性酸素は免疫機能の一部を担っているのです。
しかし、この活性酸素が過剰に発生した場合、酸化という作用が働き、私たちの体の酵素や細胞膜を錆びつかせてしまいます。
このため、活性酸素が多くなると、それだけで老化が進み、生活習慣病も引き起こしてしまうと言われています。
私たちの体はもともと抗酸化の酵素を持っています。
またはメラトニンという脳内ホルモンなど、強い抗酸化作用があるホルモンを持っています。
しかし、この酵素やホルモンも加齢とともに力が弱まっていくのです。
そこで、毎日の生活の中で、大量の活性酸素を発生させないように注意して過ごすことが大切になってきます。
喫煙、紫外線、ストレス、飲みすぎ、食べ過ぎ、加工食品の過剰摂取、激しい運動、環境汚染などは活性酸素を発生させる原因となるため、日常生活を見直して、これらを改善し、規則正しい生活をすることがまず大切です。
そこに加え、ローヤルゼリーが有効に働きかけてくれます。
まず、ローヤルゼリーには免疫力を高める作用があるため、体を錆びつかせてしまうことによって起こるさまざまな病気に対抗できるようになります。
そして、間脳や自律神経が活発に働くようになれば、生体防御システムが活力を取り戻し、体のあちこちで起こる病気の元を断ち切ってくれます。
そして、食生活の中で抗酸化作用のあるものといえば、ビタミンA、C、Eとベータ・カロチンです。
これらのビタミンは活性酸素の害にさらされないように日頃から積極的に摂ることが望ましいです。
ここにローヤルゼリーを加えることによって、さらに抗酸化効果を引き上げることができます。
それは、間脳に隣接している下垂体が、人間の体の中でもっともビタミンEを多く含んでいる部分であるからです。
間脳をローヤルゼリーで強化しながら、ビタミンEを得ることで、さらに強い抗酸化効果を発揮することができると言われています。

Copyright(C) 2011 ろーやるぜりー.com All Rights Reserved.