ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーの血圧安定作用

ローヤルゼリーは間脳と自律神経に強く働きかける作用があるので、ストレスなどで不安定となった間脳や自律神経を正常な状態に戻すことができます。
そうすることによって、結果的に間脳や自律神経の支配下にある血圧や血糖値のコントロールもうまくいくようになります。
血圧の安定にも、間脳と自律神経が大きくかかわっています。
高血圧がさまざまな病気のものとなることはよく知られている通りで、高血圧が心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化などの血管系の病気を引き起こす原因になると考えられています。
その高血圧の原因と考えられているのは、塩分の過剰摂取、高脂肪の食事、喫煙、アルコール、運動不足、肥満などがあげられます。
そして、ストレスも大きな要因のひとつです。
自律神経を乱れさせる要因、心理的なショックや喫煙、肥満などは、すべてストレスとして考えられます。
つまり、血管を急激に収縮・拡張させる要因のすべてで、ひとつに誘因が高血圧を引き起こすのではなく、さまざまな要因が複雑に絡み合って高血圧を引き起こしていると考えられます。
ストレスを受けると自律神経の交感神経が緊張し、血管を収縮させたり広げたりします。
このときにアドレナリンやノルアドレナリン(血圧上昇ホルモン)が分泌され、血液中に放出されて血圧が上昇するのです。
常に緊張状態が続くと、強いストレスにさらされ続けることになり、自律神経の交感神経と副交感神経は徐々にバランスを崩していきます。
そして間脳からの指令にも応じなくなってしまうのです。
こうした状態を正常に戻すためには、間脳と自律神経が正常に働くようにするしかありません。
そこでローヤルゼリーが有効になってきます。
間脳と自律神経にローヤルゼリーが強力に働きかけ、ストレスに負けない間脳や自律神経に戻す働きをしてくれます。
また、ローヤルゼリーは血糖値にも深くかかわっています。
血糖値が高くなるのは、インスリンの作用が低下したときです。
インスリンの原料はアミノ酸で、ローヤルゼリーにはアミノ酸が豊富に含まれていることも、血糖値を正常に保つことを証明しているといえます。

Copyright(C) 2011 ろーやるぜりー.com All Rights Reserved.