ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーの類パロチン

ローヤルゼリーに含まれる特徴的成分のひとつである類パロチンとはどのようなものなのでしょうか。
類パロチンの効果・効能は、唾液腺ホルモン(通称「若返りホルモン」)と同様の働きをすると言われています。
唾液腺ホルモンは、生体には欠かすことができない重要なホルモンです。
この唾液腺ホルモンはパロチンと呼ばれています。
大変重要な唾液腺ホルモンは、若さを保つために重要な役割を果たすことから、若返りのホルモンとも呼ばれています。
唾液腺ホルモン(若返りホルモン)は、筋肉・内臓・骨などの細胞を活性化して、組織の成長を促進します。
その唾液腺ホルモンと非常によく似た働きをするものが、ローヤルゼリーの中に含まれている類パロチンです。
唾液腺ホルモンと類似した効果・効能が期待されていることから、「パロチンに類似した」という意味で「類パロチン」と呼ばれています。
通常は、体内で分泌される唾液腺ホルモンですが、20歳を過ぎると生産量が減少します。
お肌の曲がり角が25歳と言われるのは、この唾液腺ホルモンの分泌が減少することも関係していると考えられます。
体内で生成される唾液腺ホルモンの低下を抑制できれば良いのですが、現在のところまだそれはできません。
しかし、食べ物やサプリメントなどで外から唾液腺ホルモンを摂取することで、体内での唾液腺ホルモンの低下を補うことが可能です。
ローヤルゼリーの含有成分である類パロチンの効果・効能は、唾液腺ホルモンと同様です。
類パロチンのアンチエイジング(抗老化)効果はとても大きく、お肌だけでなく、全身の細胞をも活性化させることができると言われています。
そのため、体全体の若返りに効果的であると考えられます。
ローヤルゼリーの特徴的な成分である類パロチンという成分は、特に女性にとってはうれしい効果が多く、いつまでも健康で美しくありたいと願う女性の願いを叶えることができる秘薬ともいうべき成分です。

Copyright(C) 2011 ろーやるぜりー.com All Rights Reserved.