ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーのアセチルコリン

ローヤルゼリーに含まれる特徴的な成分のひとつとして、アセチルコリンがあげられます。
アセチルコリンとはどのような成分なのでしょう。
アセチルコリンはローヤルゼリーの主成分のひとつであり、含有量も大変多いものです。
アセチルコリンとは、動神経や副交感神経で刺激を伝達する物質で、脳細胞の活性化や血圧調整作用、ストレスなどの緊張状態を緩和する作用などがあるといわれています。
アセチルコリンは、記憶や認知能力に関係する物質のため、不足すると痴呆症状がおこると言われています。
日本人の痴呆のおよそ半数を占めるアルツハイマー型痴呆では実際にアセチルコリンの減少が確認されています。
そのため、アセチルコリンは認知症や自律神経失調症などの治療にも利用される成分で、更年期障害にも効果があるといわれています。
アセチルコリンは、副交感神経に働いて、自律神経の働きを制御するため、消化器官にも大きく関係するといわれています。
副交感神経が交感神経よりも優位に働くと、腸の蠕動運動が促進されるため、便秘の解消にも効果を発揮します。
そして、まだ研究がすすめられている段階ではありますが、脳内のアセチルコリンが不足すると、アルツハイマー型認知症になりやすいことがわかっており、ローヤルゼリーを摂取してアセチルコリンを補給することで、アルツハイマーの予防効果があると考えられています。
このように脳細胞を活性する働きもあることから、うつ病の症状を改善する効果も期待されています。
脳内のアセチルコリンは、喫煙などによってニコチン物質が脳に溜まり、神経伝達物質として代わりに働き始めると生産されなくなってしまいます。
アセチルコリンが減少すると、思考力が低下し、最悪の場合は認知症を発症すると考えられています。
また、アセチルコリンは更年期障害や老化にともなう脳の障害には特に効果が大きいと言われており、副交感神経に働きかけて血圧を低下させる効果もあるといわれています。
また、脳細胞を活性化することから、頭がよくなる成分ともいわれています。

Copyright(C) 2011 ろーやるぜりー.com All Rights Reserved.