ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーのデセン酸

さまざまな栄養素がバランスよく含まれているローヤルゼリーは、まさに栄養の宝庫というべき健康食品です。
ローヤルゼリーにはいくつか特徴的な成分が含まれていますが、その中でも特に注目されているのがデセン酸(10−ヒドロキシデセン酸)という成分です。
デセン酸は自然界ではローヤルゼリーにのみ存在するといわれている特殊な脂肪酸です。
ローヤルゼリーの持つ強い殺菌作用は、このデセン酸によるものだと言われています。
この脂肪酸によってローヤルゼリーは酸性を示し、ph3.5〜4に保たれているために、舌にのせたときにピリッとした刺激を感じます。
デセン酸は熱にも強く、加熱すると他の成分は劣化してしまうのに対し、デセン酸は壊れることなく成分が保たれるというところが特徴です。
このローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸には、大変多くの健康効果が期待されており、今もっとも注目される成分のひとつだといわれています。
まず、デセン酸には皮脂分泌調整作用の効果があります。
皮脂の分泌が多く、ニキビや吹き出物などができやすい人には、皮脂の分泌を良く抑制するように働きかけます。
また皮脂の分泌が少なく乾燥気味の人には、分泌を促す働きがあります。
インスリンのような血糖値を低下させる効果もあります。
血中コレステロールの値を低下させる効果があり、糖尿病の予防や改善に効果を発揮します。
その他の生活習慣病の予防にも大変効果的です。
また、デセン酸は女性ホルモンのエストロゲンの受容体と結合するといわれており、体内でエストロゲンと同様の働きをすると考えられています。
女性は女性ホルモンのエストロゲンが不足してくると更年期障害を引き起こすため、ローヤルゼリーを摂取してデセン酸を補給することで、不足しているエストロゲンの代わりになって体内で働き、更年期障害の予防や改善に効果を発揮するといわれています。
さらに、最近ではこのデセン酸に抗ガン作用もあることが明らかになってきました。
このように大変健康効果が期待されるデセン酸は、ローヤルゼリーの価値を決める基準ともなっています。
デセン酸の含まれる割合を「デセン酸含有率」といい、このデセン酸含有率がローヤルゼリーの品質を評価するひとつの基準となっているので、ローヤルゼリーを選ぶ際の参考にすると良いでしょう。

Copyright(C) 2011 ろーやるぜりー.com All Rights Reserved.